妊娠の心配もこれで解消!低用量ピル通販による避妊術

\90秒で注文完了/低用量ピルの購入はこちら
カップルの男女現代社会において、夫婦やカップルを悩ませる問題の一つが子供です。

子供が欲しいと思っていてもできない夫婦もいれば、子供を作る気がなかったのに、出来てしまったということも

 

特に、女性の社会進出も進み多くの人が計画的に避妊を行っています。

しかし、そうしてもまだ望まぬ妊娠をしてしまうということは少なくありません。

そうした女性にオススメなのが、低用量ピルの利用です。

 

確実な避妊を行うなら低用量ピル

薬のイメージ現在、日本において避妊といえばコンドームを用いるのが一般的です。

しかし、コンドームは男性主体の避妊方法でありなかなか女性から男性に対してコンドームを着けて欲しいというのは言い出しづらいもの。

また、コンドームを着用してもらっていても男性がコンドームの正しい使い方を理解していないというケースも少なくありません

そのため、コンドームを使っていても妊娠してしまったというケースが後を絶ちません。

コンドームを使っていても、妊娠してしまう可能性は3~14%という調査結果も出ています。

この妊娠してしまう可能性というのは、正しくコンドームを使っていた場合の調査結果であり、正しく使えていなかった場合は、妊娠してしまう確率は高くなってしまうのです。

計画的に避妊をしているつもりでも、実は妊娠の可能性は非常に高いといえるのです。

しかし、ほぼ100%避妊ができる方法があります。

それが低用量ピルを用いた避妊なのです。

確実な避妊ができる!?低用量ピルの避妊率は99%

喜ぶ女性コンドームを使っても、その避妊率は85%~97%しかありません。

97%でも、避妊率は高いように見えますが妊娠してしまった場合のリスクを考えると少しでも避妊率が高いほうが良いのはいうまでもありません。

そこでオススメなのが低用量ピルを用いた避妊です。

低用量ピルを使った場合の避妊率はなんと99%以上!

妊娠してしまう可能性は1%以下しかなく確実な避妊ができるといっても過言ではありません。

そのため、将来の為に計画的に避妊しているというような場合や、彼氏がコンドームを正しく使えていないというような場合には非常に有用な方法です。

低用量ピルの購入方法は、病院と通販

避妊に利用される低用量ピルを手に入れる方法は、2つあります。

1つが病院で処方してもらう方法。

そして、もう1つが通販を利用して購入する方法です。

低用量ピルを病院で処方してもらうと10割負担!?

病院での診察イメージ医薬品である低用量ピルですから、当然病院で処方してもらおうと考える人は少なくありません。

しかしながら、低用量ピルを婦人科で処方してもらうのは気が引けるという人も少なくありません。

婦人科で処方してもらうことに抵抗がない場合であっても、価格面が問題になってしまうことがあります。

女性特有の疾患などで低用量ピルを処方してもらう場合、保険の適応対象となります。そのため、患者の費用負担は3割となるので大きな負担になることはありません。

しかし、避妊の為に低用量ピルを婦人科で処方してもらう場合、保険の適応対象外となってしまいます

そのため、費用負担は10割となってしまうため低用量ピルを使いたくても、費用的な負担が大きくなってしまうため続けられないというケースもあります。

 

実際に、低用量ピルを病院で処方してもらう場合の費用は病院によって変わりますが、1シート(1か月分)で2,000~4,000円ほど。

そこに、診察費用や検査費用などもついてくるため上記のピル代以外にも費用がかかります。

そのため、実際にかかる費用は6,000~8,000円ほどかかるといわれています。

一度の負担であれば、数千円程度と思うかもしれません。

しかし、低用量ピルは毎月飲み続けることで避妊効果を継続することができるため毎月、上記の費用を負担することになるのです。

こうなってしまうと、一度処方してもらっても継続が難しくなるわけです。

そのため、現在では低用量ピルを通販で購入して利用する人が多いのです。

通販で低用量ピルを購入した場合は?何円?

通販を利用する女性病院で低用量ピルを処方してもらった場合、6,000~8,000円ほどの負担が必要になりますが通販で購入した場合はどの程度の負担になるのでしょうか。

ここからは、通販で購入した場合の費用負担について紹介していきます。

低用量ピルを通販で購入する場合にかかる費用は、ズバリ1,200~1,500円です。

通販を利用して購入する場合、当然のことならが診察費用や検査費用は必要になりません。しかし、送料が必要になります。

送料は利用する通販によって変動しますが、1,000円としても合計で2,000円と、病院で処方してもらうよりも4,000円以上も安く手に入れられます

 

同じ低用量ピルなのに、通販の方が病院よりも安くなる理由は?

費用を抑えられた女性確実な避妊を実現できる低用量ピルを手に入れる方法として、紹介した病院と通販。

しかし、病院と通販の圧倒的な違いを1つ紹介しました。

その違いというのが価格です。

しかし、同じ低用量ピルなのに通販と病院でここまで費用が違うのでしょうか?

病院と通販で価格が違うのには理由が1つあります。

それが保険が適用されるか否かです。

保険が適用される患者負担は3割となるので、病院で処方してもらうほうが通販で購入するよりも安くなります。

しかし、病院では保険が適用されないので高くなってしまうのです。

保険が適用されない自由診療というのは、患者負担が10割というだけでなく、薬の価格などについても全て病院が全て自由に設定することができます。

保険適用される場合の価格は、決まっているためどこの病院でも大きな違いはなくても保険が適用されない自由診療を受けた場合、利用する病院によって大きく費用が変化します

低用量ピル通販には費用以外のメリットが沢山

低用量ピルを手に入れる方法として、通販と病院を紹介しましたが費用的な部分を見ると通販のほうが圧倒的にお得ということはわかりました。

しかし、通販を利用した場合のメリットは費用面だけではありません。

手間をかけずに手に入れることができる

通販を利用する女性通販を利用して低用量ピルを購入する場合、費用以外のメリットとして通院の手間がないことにあります。

病院で低用量ピルを処方してもらう場合、当然のことながら病院にいく時間を作る必要があります。

また、婦人科が自宅から遠いような場合は移動にも時間がかかります。

普段お仕事があるような場合は、病院の診察時間に受診しに行くことが難しいなんていうこともあるでしょう。

土日でも診察をしている場合であっても、休みをつぶして処方してもらいにいく必要があるため非常に手間です。

しかし、通販を利用して購入する場合はネット環境さえあればいつでもどこでも注文することが可能になっています。

そのため、受診の手間なども全くないので時間がない社会人にとって通販で購入するのは非常に適しているといえるでしょう。

いろんな種類のピルを試せる

さまざまな種類の薬通販で低用量ピルを購入する場合、さまざまな種類のピルを使えるというメリットもあります。

通常、病院で医薬品を処方してもらう場合、患者側からどういった医薬品を処方してもらいたいかを希望することはできます。

しかし、当然ながら医師の判断などによって希望通りの医薬品を処方してもらえるとは限りません。

さらに、病院によって取り扱っている低用量ピルの種類が違うため欲しいものをそもそも取り扱っていないことも。

しかし、通販を利用して低用量ピルを購入する場合は、そうした不安は特にありません

通販の場合は、自分が購入したい低用量ピルを選択して購入することができますし、多くの通販サイトでさまざまな種類の低用量ピルを取り扱っているため、希望のピルを探しやすくなっています。

更に、現在は通販サイト自体も非常に多くなっているので1つのサイトで欲しいピルがなかった場合でも、別のサイトで取り扱っているということもあるので、探す手間もかかりません

低用量ピル通販なら割引もある

病院では絶対に考えられないのが、割引です。

通販サイトを利用した場合、期間限定のキャンペーンやまとめ買いによる割引サービスなどによって普通に通販で低用量ピルを購入するよりも、更に安く購入することが可能になります。

期間限定のキャンペーンも利用するサイトによっては、非常に多くたまにしか使えないというケースもまれです。

多くのサイトで月に1度はキャンペーンを開催していたりするので、タイミングを合わせて上手に活用することで、無理なく割引の恩恵を受けることができます。

低用量ピルを通販で手に入れる手順は?

通販を利用する女性低用量ピルを通販で購入すると、さまざまなメリットがあるということは理解できたかと思います。

しかしながら、通販で低用量ピルを購入するのかわからない人もいるでしょう。

なぜなら、amazonや楽天といった大手の通販サイトで低用量ピルを検索しても低用量ピルは購入できません

低用量ピルの通販を利用する場合は、医薬品専用の通販サイトを探す必要があります。

探し方自体は簡単で、「欲しい医薬品名 通販」で検索するとすぐに見つけられるでしょう。

そうして医薬品の通販サイトを見つけたあとの手順は非常に単純です。

通販サイト内で欲しい医薬品を探そう

利用する医薬品の通販サイトを見つけたあとは、まず購入したい医薬品を通販サイト内でさがすことになります。

通販サイトで探す方法は、大きく分けて2つ。

・サイト内検索で探す

・カテゴリーから探す

になります。

サイト内の検索は欲しい医薬品が決まっているような場合、その医薬品名で検索を行うことで簡単に医薬品を見つけることができます。

しかし、この方法は正確ない薬品名を知っていなければならなかったり、欲しい医薬品名がわかっていても取り扱っていなかった場合、検索結果に表示されません

 

もう1つの方法がカテゴリー検索です。

医薬品の通販サイトでは、医薬品の種別ごとにカテゴライズされていたりします。

低用量ピルならピルカテゴリに、といった形で分類されており同じカテゴリに属している医薬品を一覧で確認することができます。

そのため、医薬品名がわからないという場合はカテゴリから検索すると良いでしょう。

また、複数の医薬品の中から自分に合いそうなものを比較して選びたいという場合も、一覧で表示されるカテゴリ検索が役立ちます

欲しい低用量ピルをカートへ入れよう

購入したい低用量ピルを見つけた後は、カートに入れます。

一般的な通販サイトを利用したことがある人はイメージしやすいと思います。

そうでない場合は、スーパーマーケットやコンビニなどでの買い物をイメージするとわかりやすいと思います。

カートへ低用量ピルを入れた状態は、スーパーの買い物かごへ欲しい商品を入れた状態です。

この段階ではレジを通していませんので、後から必要ないと思った場合には、カートから商品を戻すことができます。

当然、他に欲しい商品が見つかった場合は追加できますし、同じ商品を複数入れることも可能です。

次に低用量ピルの届け先の入力や支払い方法の選択を行います

カートに商品を入れた後は、注文を確定させます。

注文の確定には、個人情報の入力が必要です。

通販ですから、届け先の住所や氏名などが必要になります。

この際、注意しなければならないのが入力ミスです。

住所を間違えて入力してしまったりした場合、商品が届けられず送り元に返送されてしまいます

そうなってしまえば、改めて低用量ピルを購入しなおすといった必要があり費用も単純に倍必要になってしまうため、気をつけておきましょう。

また、届け先の入力と共に、代金の支払い方法をこのタイミングで選択する必要があります。

支払い方法に関しては、銀行振り込みやクレジット決済、コンビニ決済やペイジー決済など利用する通販サイトによって変わってきます。

低用量ピルの代金を支払えば、購入完了!

低用量ピル通販の注文が完了した後は、選択した支払い方法で代金を支払います。

この代金支払いを行った時点で低用量ピルの購入が完了となります。

逆に言えば、注文を確定しても代金の支払いをしなければ購入は完了しません。

低用量ピルの購入は通販でキマリ!

通販を利用する女性低用量ピルを用いて確実な避妊を行いたい。

そう思ってもなかなか一歩を踏み出せなかった人でも、通販を利用すれば簡単に手に入れることができるので、まだ使ったことがないという方は、一度使ってみると良いでしょう。

男性に避妊を全て任せるのではなく、自分で自分を守るためにも一度考えてみてはいかがでしょうか。

低用量ピルの購入はこちら

避妊対策も安心!女性の体を守る低用量ピルは通販で
タイトルとURLをコピーしました